長野県限定!マルスウィスキー『信州』はウィスキーの楽しみを知ることのできるオススメの1本。

更新日:

最近ウィスキーにハマり毎晩飲んだくれていますが、朝起きるとすぐにこう思います。

「あぁ、ウィスキーが飲みたい」

 

信州は長野県松本市、「本坊酒造」の長野県限定マルスウィスキー信州』を買いました。

マルスウィスキー『信州』

長野県限定販売のブレンデッドウィスキー『信州』。

ブレンデッドとは簡単にいうと、モルト(大麦)ウィスキーとグレーン(穀物)ウィスキーを混ぜていい感じに仕上げたウィスキーのこと。

この『信州』は長野県限定販売で、本坊酒造のマルス信州蒸溜所で作られています。

本坊酒造からは他にも

    • 駒ケ岳』(シングルモルト)
    • 岩井トラディション』(ブレンデッド)

など、魅力的な銘柄がいつくもありますが、長野県限定ということで購入してきました。

ちなみに『駒ケ岳』はなかなか良いお値段で、『余市』の倍近くしてました。

 

ラベルにどーんと「長野県限定」。

クリックひとつでなんでも買えてしまう今のネット時代ですが、
現地でしか買えない「喜び」もあるのが限定品の魅力。

 

ブランドウィスキーのエントリーグレード

飲んでみました。

ふつうに美味しい。香りが強いわけではないけど、干しぶどうのような乾いた甘い味がします。

ブランドもののウィスキーを飲んでみたいけどどれから手をつけて良いか分からない人が最初に飲んでみると「ウィスキーの楽しさがわかる」そんなエントリーグレードな印象。

このお値段でこのクオリティが楽しめるのならコスパはかなり良いです。

 

長野県松本市の雰囲気をまとったお酒

お酒の雰囲気と松本市の雰囲気がとても近く感じました。

『俺が俺が』と前に出て来るパンチの強さはないけど、『洗練・センスが良い』コンパクトなまとまりを感じます。

訪問した松本市は大きな町ではありませんが、通りを歩くと「洗練されたカフェ」や「こだわりを感じるお店」など、住んでみたいなと思わせる雰囲気を持っていました。

そしてすれ違う現地の人、美人が多かった。

大阪の実家に持って帰り毎晩飲んでいますが、最初の一口目の後は決まって松本市の町並みがフラッシュバックしてきますありがとう松本

 

 

 

次にオススメの記事

酒造りの神、農口尚彦研究所の山廃吟醸酒を飲む。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.