アイテム

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー(ミル)7660JPのレビュー。おすすめです。

更新日:

ラッセルホブスのコーヒーグラインダーを購入しようか迷っている。
価格に見合った豆のグラインドが出来るか気になっている。
使い勝手はどうなの?

この記事ではそんな疑問に答えます。

この記事を読むことで
ラッセルホブスのコーヒーグラインダーの細部が分かります。
具体的な使い方が分かります。
挽いた豆に挽きムラがあるかどうか分かります。

実際に私が1年近く使用してきて感じたこと、それまで使用していた手動ミルから切り替えて便利だったことなどを記事にしています。
あなたが購入する際の判断材料になると思います。

ラッセルホブス コーヒーグラインダーの細部

  • サイズ:12.5×12.5×21.5cm
  • 本体重量:1.1kg
  • 素材・材料:ステンレス AS樹脂
  • 原産国:中国
  • 電源:100V50/60Hz
  • 消費電力:150W
  • 付属品:掃除用ブラシ

ラッセルホブス コーヒーグラインダーの使い方

このスイッチを教えている間だけ、中のグラインダ―が回ります。自動では止まらないので、コーヒー豆を挽く度に好きな加減で挽くことが出来ます。

豆を入れます。
コーヒー豆はコーヒー1杯につき10gが適量です。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダーには最大60gまで入れることが出来ます。

スイッチを押している間だけ回ります。

使い方は以上です。

挽いた豆の状態確認

10秒(メーカーが言う”中挽き”状態)

全体はこのような感じです。

これくらいの大きさの破片が散見されました。

家庭で使用するドリップコーヒーには少し荒すぎます。

15秒(メーカーは”20秒で細挽き”としています)

全体はこのような状態です。

まだこのような豆の破片は残っていますが、だいぶ少なくなりました。

20秒以上は細すぎる印象で、ドリップ式コーヒーに向きません。
ですので、15秒程度を基準に好みで微調整してみたらいいと思います。

その他・注意点

静電気は気にならない

コーヒーグラインダーによっては、静電気が発生しやすく蓋に豆のカスが着いてしまう、という意見も出ているようですが、ラッセルホブスのコーヒーグラインダーはほとんど気になる付着はありませんでした。

水洗いは禁止

本体は水洗いが出来ません。透明なカバーは水洗い出来ます。

ですので実質、コーヒー豆以外を挽くことは出来ません。ここは注意が必要です。

音はそれなりにします

コーヒーグラインダーを回している間はテレビの音は聞き取りずらくなります。

まとめ

左は私が以前使っていた手動ミルです。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダーを導入したことで、疲れなくなりましたし、豆の準備が圧倒的に早くなりました。

挽きムラは多少あり、音もそれなりですが、デザイン・価格・扱いやすさを総合的に鑑みてお勧めの品です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-アイテム

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.