ブログ

ワードプレスのテーマをSANGOに変えたよ

更新日:

ワードプレスのテーマ、悩みますよね。

でもこの悩み、贅沢な悩みで、楽しいですよねー
世の中には国内、海外含めフリーなテーマがゴマンとあって、無料なのに素敵なテーマに出会えるんじゃないかな、ってテーマの海にオールを漕いで行ってしまいますよね。

でもね、そんな海の底には、SANGOという、素敵な名前の有料テーマがあるんです。うまいこと言った。

僕は今回、SANGOにテーマを移行しました。

 

SANGOとは

SANGOはWebメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。開設後半年で月間100万PVを達成したノウハウを、余すことなく詰め込んでいます。”サルワカより”

サルワカという、「ウェブ系ネタを初心者に分かりやすく解説してくれるサイト」が作ったワードプレス用の有料テーマです。だからなんですね、使い方ガイドがとっても分かりやすい!初心者にここまで優しいか!というくらい丁寧に活用方法を示してくれています。

僕はこれまで、

  • STORK(OPEN CAGE)
  • ESCENA(DigiPress)

と有料テーマに課金してきましたが、間違いなく、一番初心者がつまづかず素敵サイトを作れるテーマです

なぜここまで断言できるかというと、

 

1.見出しの種類が30種類以上用意されている!

少しブログのデザインにこだわろうと思ったとき、まずすることといえば、世界中のネットの海から、自分が気に入った見出しのコードを見つけてはコピペしてきて、色や線の太さなど微調整して自分好みに仕上げたりしませんでした?それ、僕です

もうそのコツコツ作業から解放されます。
そもそもCSS、分からないままコピペしている人、多いんじゃないですか?

でも大丈夫!だってSANGOは見出しの装飾が30種類以上用意されているんですから!しかもビジュアルエディタで変えることができちゃう!

詳しくは本家のサイトでご確認ください。

『WordPressテーマ「SANGO」26の魅力 8. 30種類以上のボタン』 ”引用ー SANGO”

 

2.広告の貼りやすさ

例えば、Google AdSenseのレクタングル大の広告を2つ、横並びさせたいなー、って思いませんでした?僕は思いました。他のテーマだとCSSしっかり書かないといけなくて、案外ここ、難しいところなんです初心者には! でもSANGOはそんな必要全くない!

ショートコードで囲むだけで自動で横並びになります!

 

3.軽い!

これは使ってみないと分からないことですが、ESCENAから切り替えてまず驚いたのが、その速さ!プレビューだったりが非常に速いんです!

毎日記事を書いていこうと思うと、ちょっとしたモッサリ感て案外ストレスになったりするんですよね。

けどSANGOってものすごく軽くてビックリ!軽いとこんなにストレスフリーなんだなと実感できました。

他にもできること、本当にたくさんあって、初心者が悩みがちなことは、ある程度はカバーしてくれるガイドが出来上がっています
この辺り「サルワカ」はさすが丁寧だなーと感心いたします。

決して安くない有料テーマなので、しばらく悩んで悩んで、やっと購入したのですが、購入してすぐに「なんでもっと早く買わなかったんだ!」と嬉しい後悔が押し寄せてきました。それくらい価値あるテーマです。

運営の人が優しく、いい人そうだ、という口コミなんかもあったりしますが、確かに。サイトからそこはかとなく人柄の良さが滲み出ています

 

今回のまとめ

とにかくワードプレスでブログを書いている人は、SANGOの導入を本気で検討してみるべき!ベースのデザインが秀逸だから、色やサイドバー、ウィジェットをちょこっといじるだけで一気にオリジナリティ感マシマシ。
外観が秀逸になると、自ずとコンテンツ勝負になるので、記事のクオリティを上げようってモチベーションにもつながる!ウィンウィン効果!

[blogcard url=”https://saruwakakun.design/″]

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-ブログ

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.