全ての家飲み派にオススメ!「鹿児島ハイボール」はこれまでの缶チューハイの概念を覆す!

投稿日:

家飲み、気楽でいいですよね。

友達とコンビニで買い込んだ缶チューハイを持ち込んでの飲み会、楽しいですよね。

でも、その買い込んだ缶のお酒、本当に美味しいと思っていましたか

 

缶チューハイっていうと柑橘系の香りで味をごまかしたり、甲類のお酒感が強いものが多くて、正直これ失敗したなーと思うこともありませんか?
僕はあります。
たいして美味しいと思っていなくても、

まあ家飲みだしこれくらいのクオリティでいいだろう、アルコール入っていれば。」

くらいの感覚でした。

 

でも、同じ缶チューハイでも、本格焼酎で作るお酒は違うんです。

これから紹介する缶チューハイ、とにかく美味しいので飲んでみてください、価値観変わります。

缶に入ったお酒でここまで幸せ感じることが出来るんですね、と感無量で、僕は常にストックしておきたい第一候補です。

糖質ゼロ、プリン体ゼロなので体にも優しい。こういう嬉しい設定は女性にも優しいと思いませんか?

 

その前に、缶チューハイの定義とは?

そもそも概念としての缶チューハイ、それを確認してみましょう。

ハイボール (Highball) とはカクテルの名称。ウイスキーソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)が元祖であるが、広義ではスピリッツ、リキュールをソーダトニックウォーターなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったもの全般を指す。日本では焼酎ウオッカなどをベースとしたカクテルを焼酎ハイボール(チューハイ)と呼んでいる。引用元ー”Wikipedia

 

チューハイの語源というのは「焼酎ハイボール」から来ていたんですね。

芋焼酎+炭酸水の「鹿児島ハイボール」が美味しい

これを紹介したかったのです。缶チューハイなのに「ハイボール」という名前が付いているので混乱しそうだったので、先にウィキペディアの記事を引用させてもらいました。

 

普段ハイボールというと「ウイスキー+炭酸水」というのが一般的なイメージですが

これは「芋焼酎+炭酸水」なんです。上記ウィキペディアの定義で言えば焼酎ハイボールなのですから、これもハイボールと名乗って間違いではないですよね。

 

成分に甘味料が入っていないので、お酒本来の風味が前面にきます。
芋の香りというと芋焼酎が苦手な人には「くさそう」というイメージになってしまいますが、炭酸水で割っているので爽やかなんです!
ウイスキーベースのハイボールはどちらかというとお酒感が強いけど、これは従来の缶チューハイ寄り、風味を味わうという感覚。

爽やかな広がりとまろやかなアルコール感。優しいお酒です。

初めてウイスキー「知多」をハイボールで飲んだ感覚が近いかもしれません。優しい風を感じるという表現が近いでしょうか。

 

焼酎に苦手意識を持っていた女性や若者に、是非とも一度飲んでみてもらいたい缶ハイボールです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.