ライフ

ヤマハ電動自転車YPJシリーズ2018発表。どれがいいでしょう。

投稿日:

2018年3月6日、ヤマハから電動アシスト付き自転車「YPJ」に新シリーズが発表されました!

いくつかのパワーユニットがあるようですし、自転車タイプも複数展開で悩むラインナップになりました。

この発表を待ってからどれを買うか検討をしようと思っていたので、ちょっと比較をしてみたいと思います。

ただあまり詳しくないので詳述が出来ないのですが、自転車を比較する際のポイントの一つに

ギアユニット(ディレイラー)に何を使用しているのか

という点があるようです。

なので今回はその点を注視しつつ、パワーユニットごとに分けて比較をしていきたいと思います。

 

Power Assist搭載モデル

引用元ー”ヤマハ

このパワーユニットを装備している自転車は2台で、共に初期からあるYPJシリーズです。

今回の新型車に合わせて新しいパワーユニットが載るかと思っていましたが、現状維持のようですね。バッテリーも他のシリーズとは違っていて、コンパクトな2.4Ahバッテリーです。

画像を見比べると分かりますが、バッテリーってけっこう目立つんですよね。
なので大きなバッテリーのデザインが好みでない方は、こちらのシリーズを選んだほうがいいかもしれません。

 

YPJ-R

引用元ー”ヤマハ YPJ-R

230,000円+税
ディレイラー:SHIMANO 105コンポーネント(リア)
ブレーキ:キャリパーブレーキ

ドロップハンドル付きのロードバイク

器量良しのロードバイク。トータルバランスかっこいい。

 

YPJ-C

引用元ー”ヤマハ YPJ-C

185,000円+税
ディレイラー:SHIMANO SORAコンポーネント(リア)
ブレーキ:キャリパーブレーキ

フラットバーモデルのクロスバイク

ドロップハンドルが好みでない方の選択肢。

PWseries SE搭載モデル

引用元ー”ヤマハ

36V-13.3Ahという大容量バッテリー搭載

新型パワーユニット「PWseries SE」とは?

高ケイデンスに対応したアシストセッティングにより欧州で好評を得ているそうです。ケイデンスとは、1分間に回るクランク回転数のことなので、

回転数が高い=漕ぐ回数が多い=日常の通勤・通学よりもスポーツライクな乗り方にも対応

というイメージで間違っていないと思います。多分。

 

YPJ-TC

引用元ー”ヤマハ YPJ-TC

300,000円+税
ディレイラー:SHIMANO SORAコンポーネント(リア)
ブレーキ:SHIMANO Acera(マウンテンバイク向け入門コンポーネントブレーキ)ディスクブレーキ
フロントサスペンション付き。

リアキャリアとフェンダーが標準装備のオールマイティモデル

 

YPJ-EC

引用元ー”ヤマハ YPJ-EC

260,000円+税
ディレイラー:SHIMANO SORA(リア&フロント)
ブレーキ:SORAシリーズディスクブレーキ

フラットバーロードモデル

パッと見、YPJ-Cよりも骨が太くなったように見えます。

 

YPJ-ER

引用元ー”ヤマハ YPJ-ER

320,000円+税
ディレイラー:SHIMANO Tiagra(リア&フロント)
ブレーキ:Tiagraシリーズディスクブレーキ

ドロップバーロードモデル

TiagraというディレイラーはYPJラインナップの中でも一番グレードの高いモデルになります。走りを追求した味付けという位置付け、でしょうか。

 

PW-X搭載モデル

YPJ-XC

引用元ー”ヤマハ YPJ-XC

350,000円+税
E-MTB向けパワーユニットPW-X搭載の唯一のマウンテンバイク
ディレイラー:SHIMANO SLX(リア)
ブレーキ:SLXシリーズディスクブレーキ

唯一のMTB。かっこいい。

 

このような全6種類のラインナップになりました。

 

通勤にはどれが最適?

僕の場合、普段の通勤に使いたいので、マウンテンバイクのYPJ-XCは候補から外れます。軽快さが欲しいので。
また、キャリアやフェンダーもあまり好みではないので、YPJ-TCも候補外。

ドロップバーかフラットバーか、で検討すると、休日にしっかり乗る可能性を考えるとドロップハンドルのほうが可能性は広がるかなと思います。

また、せっかく新ユニットが出た&バッテリーが大容量となったので、その恩恵にあずかれるモデルのほうが気になりますので、そうなるとコチラです。

YPJ-ER

今のところのヤマハの第一候補として、もう少しE-bikeの選択肢を吟味してみようと思います。

 

今回のまとめ

ヤマハのYPJシリーズ、新章突入。YPJ-ERがいいかな。けど、デザイン重視でいくとYPJ-R、YPJ-Cも依然として捨てがたい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-ライフ

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.