キャンプ

少しでも荷物を減らしたい!バーベキューグリルは焚き火台として使えるのかを検証してみた。

更新日:

 

オートキャンパーにとって、積載量というのはいつでも頭を悩ませる問題ではありませんか。
我が家がまさにそうです。

なるべく1つのアイテムを多用途で活用できれば、自ずと荷物は減り、洗練されたキャンプ空間が出来上がります。

 

正直に言いますと、貧乏性なもので、焚き火をするためだけに焚き火台を購入するかどうか、かなり迷っていました。

これまではキャンプを、自然の森ファミリーオートキャンプ場でのみしていたので、焚き火は直火OKなかまどがありましたのでまったく問題がなかったのですが、
今回はじめて、直火NGなキャンプ場に行くことになりましたので、手持ちのアイテムで果たして焚き火は楽しめるのか、を検証してみることに。

 

サウスフィールド バーベキューグリル

公園でバーベキューがしたいと、我が家が初めてキャンプ用品らしいアイテムを購入したのがコレ。

今だったら選ばないであろう定番すぎる形ではありますが、「壊れたら次はこだわった物を買おう」と思っているのですがなかなかこれがいい感じに頑丈で、使い勝手も良好です。コンパクトさは皆無ですが。

我が家のような、小さい子供連れ家族の場合はこのサイズでも、もてあますくらいの大きさ。

このバーベキューグリルで

  1. 夕飯は炭で料理
  2. 薪をくべての焚き火

が可能か試してみました。

炭を使ってコンロモード。この日は家で作ってきたカレーを野田琺瑯に入れてきて直火で温めます。野田琺瑯はこれができるから好き。

薪をくべて焚き火モードに。

 

マシュマロタイム。

 

燃焼もほどよく燃え上がり、快適に焚き火タイムを過ごすことが出来ました・・・

が、翌朝見てみるとこのような状況。

直火が苦手なのでしょうか、塗装が溶けて剥げました。

 

 

結論

炭には向くが、焚き火には向かない。

 

ユニフレーム ネイチャーストーブ

ピクニックで公園によく持って行くアイテムのひとつ。
特にこれで何をするわけでもないのですが、デザイン性やコンセプトの面白さから購入していました。

燃焼効率が非常に良いこともありますが、五徳から受け皿までの距離があるため、炭を置いての調理などは向きません。

名前の通り、自然にあるもの(松ぼっくりや枯れ枝など)を利用した調理器具です。

直火が禁止の場所で焚き火台代わりとして使用できるかどうか試してみました。

 

ところがこの日、風が強く火の粉が延焼を招きかねないので積極的な焚火はできませんでした。
少し薪をくべた印象ですと、燃焼効率が良すぎて薪がすぐに燃え尽きてしまう印象でした。

結論

炭にも向かず、焚き火にも向かない。本来の使用目的でのみ効果を発揮する。

 

「薪OK」は「炭OK」

ここで気づきましたが、炭をメイン火種に考えられた「バーベキュー」目的のものは焚き火には向かないけど、
「焚き火」が本来である焚き火台は炭を用いたバーベキューに向く、ということ。

スノーピーク 焚火台

引用元ー”スノーピーク”

 

ピコグリル

引用元ー”Amazon”

今回のまとめ

荷物を減らしたい、コンパクトにしたい、という意味合いではピコグリルが第一候補です。

でも、スノーピークの焚火台はキャンプ場で使っているサイトを見るとやっぱり、かっこいいなーと思ってしまうわけです。

サウスフィールドのバーベキューコンロがまだ使えるので、あと数回はしっかり活用しながら、次の候補を検討していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-キャンプ

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.