文房具

2018年買ってよかったものベスト1

投稿日:

2018年で買ったモノの中で、一番僕が興奮したモノを紹介します。

 

PILOT kakuno(パイロット カクノ)万年筆

すでにご存じの方もいるかもしれませんが

kakuno(カクノ)とは文房具メーカーPILOT(パイロット)から販売されている万年筆のことです。

僕は今年その存在を知って、手にとって、使ってみて、そしてそこから一気に身の回りの環境が変わりました。

 

カクノは万年筆の世界を身近なモノにしてくれる

万年筆というと、嗜好品としての意味合いが強くて、日常使いには向かないというイメージありませんか?

僕にとっての万年筆とは、まさにそんなイメージ。

書き方にコツが必要だったり、インクにも色々種類があるし、そもそも高いし…

そんな概念を全ていい意味で覆してくれたのが、このカクノ。

 

全力でオススメするカクノの魅力を3つに分けて説明します。

 

ボールペンと変わらない使いやすさ

万年筆の”敷居が高い”という固定概念を壊してくれたのが、この「使いやすさ」。

僕が使っているカクノのペン先は<EF>というサイズで、いわゆる極細サイズなのですが、これが良い!

 

それまでジェットストリームというヌルヌルの書き味のボールペンを使っていて細いペン先に慣れていた僕にも、スっと違和感なく扱うことが出来ました

これにより、普段書いているメモなどの用途を、簡単にボールペンから万年筆に移行できました。

インクフローの良さ

そしてもう1つ、非常に驚いたのが、その出たインクの色の濃いこと

万年筆も他の筆記具と同じように、インクを紙に乗せてモノを書いていきますが、そのインクが紙に乗る感触がとても気持ちいいんです!

インクの特性なのか、とても色が深い

 

モノを「かく」という行為が、

これまでの筆記具が「掻く(かく)」という行為に思えるほど、万年筆が紙の上を滑る感触は独特で、

その発色・色乗りの良さは格別

 

嗜好品としての愛着

万年筆の特徴のひとつが、ペン先の装飾。

これが初心者にとってはなぜか敷居の高いものに見えてしまうのが不思議ですよね。

 

でも安心してください。

カクノのペン先の装飾がコチラです。

こんなん惚れてまうやろ!

 

カクノを導入したことによって変わった私の環境

  • ペン習字を習い始める
  • スマホをイジる時間があればとにかく何か書いていたい
  • ワクワクしすぎて早起き習慣

 

カクノはこんな人にオススメ

  1. 人生に新しい刺激が欲しい人
  2. 何か新しいことを安価で始めたいと思っている人
  3. 何かきっかけが欲しい人
  4. モノにこだわりを持ちたい人
  5. 人を喜ばせることが好きな人

こんな人は一度、カクノを試してみるべきです。とにかく書くことが楽しくなります。

無意味に手書きメッセージを送りたくなります。

字が綺麗に書きたいと思うようになります。

 

趣味の世界はとかく沼があるようです。カメラ沼、レンズ沼、などなど・・・

万年筆にも沼があります。その沼、のぞいてみませんか

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-文房具

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.