アイテム 文房具

情報カードと大人の鉛筆

投稿日:

みなさんは思いついたことやアイデア、ちょっとした落書き程度のものを紙に書く時、筆記具と用紙に何を使っていますか?

ちょっとしたものを書き留める、というとメモ帳が一番に思い浮かぶのではないでしょうか。
文具屋さんに行くとRHODIAをはじめとしたオシャレなメモ帳がたくさんありますよね。
ああいうセンスの良い文房具を見ると、つい使ってみたい気持ちになるのですが、私はいつも購入を我慢しています。

なぜなら私は、

[say name="カワノ。" img="http://knot2.net/wp-content/uploads/2018/11/sam2.jpg"]メモ帳が上手に活用できません。[/say]

メモ帳を活用していて、あとで見返して見た時に恥ずかしさを感じるメモなどは、形として残しておきたくないので破りとってしまうんです。
そして「メモ帳をやぶる」ということでそのメモ帳が完全なものじゃなくなる気がして、そのあとはメモ帳に愛着が湧かなくなってしまって使わなくなることが過去に多くありました。

 

筆記具はどうでしょう。
私はこれまで、何かメモをとったり思考の整理をする際にボールペンを利用することが多かったのですが、ボールペンで思考を書き出すと、あまりに物理的に実体をともないすぎて、消せないという重みをもってしまうので、メモを取るということが習慣につながらなかったことに気づきました。

 

メモ帳については過去の記事でひとつの結論、というか自分に合った形が見つかりました。

アナログなメモ習慣が物忘れ予防や生産効率アップに最適な理由

このように情報カードでメモを残すようにすることで、たとえ恥ずかしいことを紙に吐露しても、その後でゴミ箱に捨ててしまえばなかったことにできます。

 

 

情報カードと相性の良い「大人の鉛筆」という筆記具。

メモ帳についてはこのように、情報カードを活用することが自分の性格に合っていることに気づきましたが、筆記具も新しい発見がありました。
これまで何の疑いもなく活用していた、ボールペンなど消せないインクで書く実体をともないすぎる筆記具に対し、鉛筆で書くことで、書き出した文字がいつでも消せる実体となり、書き出すことにためらいがなくなることに気づいたのです。

シャープペンシルでもいいんですが、シャープペンシルは芯が細いので書いた文字もシャープで、やっぱり実体感が強い。そして紙に筆跡が残り、消しゴムで消しても消えきらない筋が残るのが嫌。それに芯が折れやすいのも難点。

ただ、鉛筆といっても、いわゆる普通の鉛筆は芯がむき出しで持ち運びには不便です。鉛筆キャップが必須。

ですが最近、いいものを見つけました。

 

大人の鉛筆

北星鉛筆さんが作成している大人の鉛筆。これが実によくできた筆記具なんです。

自分に合ったものを求められるようになった今、もう一度鉛筆の感覚を味わいたいという大人の方のために作られた「大人の鉛筆」は北星鉛筆が昭和29年に開発した削らない鉛筆「ノーカット鉛筆」のコンセプトをそのままに、シャープペンの構造を持っています。 また軸の部分はアメリカ産インセンス・シダー材で作られているため、鉛筆と同様の「木」ならではのぬくもりを感じられます。

シャープペンと同じ構造でありながら、芯は付属の「大人の鉛筆削り」で削るのも、特徴のひとつ。大人の雰囲気をまとった洗練されたデザインは、きっとあなたの「大人ゴコロ」を刺激します! 引用ー”北星鉛筆

シャープペンシルのように芯が本体に戻る構造を持ち、鉛筆にありがちな”チープ感”もない。まさに大人のための素敵プロダクトです。

 

ということで私の最近のスタイルがコチラ。

 

情報カードと大人の鉛筆

以前の記事では無地の情報カードだけを活用していましたが、最近はグリッド入りのものも活用するようになってきて、無地のものとグリッド入りのもの、半分づつクリップで留めています。

これに大人の鉛筆を追加したことで、思考の吐露がより自分の中でしっくりくるようになりました。

いつでも消せるし、いつでも捨てられる。

この気軽さが思考の吐き出しにちょうどいいふんわり感を与えてくれ、書き出しに対して抵抗もまったくなくなりました。

残しておきたいものは残す、残しておきたくないものは消す、捨てる。

 

思考は頭の中だけで留めず、書き出してストックする

まだまだ改善の余地はありそうですが、模索しながら自分に合うメモ帳スタイルを見つけていきたいと思います。

この記事が誰かの一助になれば、幸いです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-アイテム, 文房具

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.