お金

お金の使い方が間違っていることに(やっと)気づいたので、お金さんに戻ってきてもらうことにした。

投稿日:

NISAを始めとした投資やお金の勉強を始めたことで気付いた自分自身のこと。
私ただいま38歳10か月。ここまで気付かなかったことを恥ずべきか。いま気付けたことを喜ぶべきかビミョーなお年頃。
[say name="カワノ。" img="http://knot2.net/wp-content/uploads/2018/11/sam2.jpg"]まあ今から貯蓄して挽回すればいいか[/say]
と開き直っています。

この気付きによって、モノに愛着をもつとはどういうことか、またシンプルに生きるとは、についても思うことが広がってきたので、まとめてみました。

 

見栄のための買い物

私は年齢的にはギリギリミレニアル世代でして、新しいトレンドや今の日本の先端を触れていく世代にいるはずなんですが、なんせギリギリなもので(1980年生まれ)、このミレニアル世代としては年配なんですよね。

だから流行しはじめたものに飛びつくと

いい年したオジサンが・・・

みたいに思われかねない狭間の世代でもあります。

そういう境遇が影響してかどうかはわかりませんが、物質的な豊かさを追い求めたり、見栄のためのモノを欲しがったりしてしまいます。
年会費の高いゴールドカードを持ったり、レンタルで済む海外旅行用の変圧器を購入したり。

  • あの人が欲しいと言っているものは私も欲しい。
  • こっちの人が欲しいと言っている、きっといいものなんだろう、私も欲しい。

こうして、本当にいいものかどうかは別にして、無理してでも買ってしまう。
そんな買い物をよくしていました。

 

”愛着”は悩むから生まれる

だからか、持っているモノにたいしての愛着が非常に低いんです。
購入するまではすごく欲しいんですけど、お会計を済ませたらもう、特別なものを感じない。
[say name="カワノ。" img="http://knot2.net/wp-content/uploads/2018/11/sam2.jpg"]愛着っていうのはきっと、本当に好きなものに出会えたときに自動的に芽生えるんだろう[/say]

それくらいの認識でした。

世の中の多くの人は、なんでもかんでも好きなモノを買えるわけじゃない。
あれも欲しい、これも欲しい。でもどれかは我慢しないといけない。
悩んで、逡巡して、それで選ばれたもの、これが愛着の源泉なんだなと最近やっと気付きました。

今手元にあるSurfaceGo。これが私に愛着を教えてくれました。

だって10万円近くする高い買い物です。しかも買う主目的が「ブログ執筆のため」なので、それはそれは悩みました。製品発表から購入まで4か月近くも悩んでいました。
他にも通勤用バイクも欲しいし、リモワのスーツケースも欲しいし・・・と欲しいものがたくさんあった中、それでも思考を巡らし決めたこのパソコンに対しては、やはり思い入れ・愛着もひとしおです。

 

シンプルな思考はシンプルな生活から

ブログをはじめ、今いろいろ自分の生活環境、ライフバランスを見直していく過程で、とても重要なことはこういうことなのかなと思うんです。

シンプルであること

物事はきっととてもシンプルで、こうしたい、ああしたい、と思うことへの最短ルートはあるんですよね。
でもそこには、既に買い込んでしまった物質的なモノで溢れていて、最短ルートの道が見えなくなってしまっている。
だから悩んだり、怒ったり、落ち込んだり、道を見失ったり。

常に身の回りをシンプルにしておくことで、いつでも自分の気持ち・直感に素直に導かれて最短ルートの道を見つけられるようにしておいたほうが、ストレスのない生活になるのではないでしょうか。
[say name="カワノ。" img="http://knot2.net/wp-content/uploads/2018/11/sam2.jpg"]ストレスから逃れるために買っていたモノによって、ストレスを溜める。悪循環だね。[/say]

 

リセットすること

私はリセットが好きです。
固定費やサブスクリプション(月額)支払いなど、クレジットカードで一元化して支払いをしていると、積もり積もって結構な額になったりするのですが、もう利用していないサービスに対しても、澱に埋もれて気付かず支払いをし続けてしまっていることがあります。

そういったものは定期的にすべてリセットして、一から身の回りを構築していく。
この作業を時々していたのですが、そのハードリセットが今回のお金や物質的豊かさにまつわる全体のことかなと思います。

 

ということで、メルカリ大活躍

最近やっとメルカリを始めてみたのですが、本当によく売れる。
私が不要になったものが、誰かの役に立てると思うと、うれしく思うし、大切に使ってほしいなーとちょっぴり寂しい気持ちで見送れます。

不要なものをむやみに捨てるのではなく、価値あるものとして大切に扱っていきたい。そう思えます。新たにモノを買う時も、本当に必要なものなのかを思考するクセがつきました。

そして私の断捨離にもつながり、多少でもお金さんがまた戻ってくることが素直にうれしい。

戻ってきてくれたお金さんは、たとえ少なくても全部投資にまわしたいと思います。お金さんがお金さんを呼ぶ。複利バンザイ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-お金

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.