カメラ

映像制作を始めたいアナタが、まずはじめに見ておきたいYouTuber 12選

更新日:

こんな方におすすめ

  • これから動画制作を始めてみたい。
  • どんな動画スタイルがあるの?
  • 動画のテクニックを知りたい。

 

こういった方、必見です。

今回は映像制作(動画制作)を始めてみようと思っている方に向けて、オススメのYouTubeチャンネルをまとめました。

項目としては

  1. カッコいい動画を知る
  2. 動画スタイルを知る
  3. 動画Tipsを知る

この3つの視点からまとめてみました。全部で12チャンネルを紹介しますので、きっとお気に入りの作者が見つかると思います。

私も動画制作を始めたばかり。一緒に学んでいきましょう。

 

 

1. カッコいい動画を知る スタイリッシュな動画YouTuber

Kold(Sam Kolder)

スタイリッシュ動画の第一人者。むちゃくちゃカッコいい旅動画を作成しています。

この動画が特に人気の1つです。更新頻度は高くありませんが、どれもクオリティが高いです。

色々な映像編集テクニックを高いレベルでつないでいるので見ていて飽きません。

 

Beautiful Destinations

Kold同様、かなり高いクオリティの映像です。旅に行きたい、と思わせてくれる動画は何度見てもワクワクしますね。

テクニックもですが、音楽との繋がりも最高にカッコいいです。

 

AUXOUT

動画本数は少ないですが、非常に美しい映像を制作されているAUXOUTさん。出てくるモデルさん?も美しい。

この動画を見て私はα7iiiの購入を決意しました。解像感、立体感、雰囲気と全てが素晴らしい。
VLOGもされているようでBehind the scenesみたいで面白いです。

 

2. 動画スタイルを知る VLOGー動画を身近なものにしてくれる系YouTuber

いわゆるVLOG(日々の記録動画)が中心で、トークと映像テクニックを上手に織り交ぜながら魅せてくれるYouTuberです。

映像テクニックを話してくれることも多いですし、また、海外YouTuberは素直にそのライフスタイルを見るだけでも楽しいです。

 

Peaceful Cuisine(Ryoya Takashima)

DIY動画のリンクを貼りましたが、ビーガンをはじめ、独特なライフスタイルを投稿している日本人のRyoya Takashimaさんのチャンネルです。

映像もかなり凝っておられ、まったく飽きさせない映像はとても勉強になります。動画制作のTipsの話もたまにあります。

センスも抜群で、見ているだけで憧れます。

 

Mr Ben Brown

DAILY VLOGとしての活動は1年ほど前に終えてしまいましたが。今でも定期的に動画をあげています。

イギリスでの毎日の生活や、旅動画が多く、毎日見ていて飽きませんでした。何より本人がむちゃくちゃカッコいい。

2019年現在は南アフリカを拠点に生活しているようです。

CaseyNeistatとの交流もあり、多彩なYouTuber。

 

WOLVES

出てくる人物が美男美女のみ。WOLVESも上記のMr Ben Brown同様、南アフリカでの活動がメインのようです。

Casey Neistatも南アフリカがルーツのようですし、クリエイティブなイメージが強いですね、南アフリカ。

映像も綺麗で、旅動画のまとめ方など勉強になります。更新は少ないですが、日々のVLOGも憧れてしまう生活です。

 

drikin

日本を代表するガジェットブロガー。オタク全開。サンフランシスコ在住というカッコいい生活をしています。

日々の雑感をVLOGにして投稿してくれています。

常に最新ガジェットやPC、ソフトを使用しておりガジェット好きには面白い番組です。

サブチャンネル、Podcastとマルチで活動しています。

 

3. 動画Tipsを知る Tipsー映像制作を説明してくれる系YouTuber

Peter McKinnon

映像制作、写真編集でこの人を知らない人はいないのではないでしょうか。

軽快な話し口、わかりやすい説明(英語だけど)、本人も、出来上がる映像(写真)もカッコいい、と全てが勉強になります。

カナダ英語なので比較的聞き取りやすいのも見ていてストレスになりません。

今回紹介している動画は、視聴者の画像をPeterが編集するとどうなるか、という動画。

どこを切り取るのが「映え」るのか、カラーはどう現像するのか、など一手一手を丁寧に解説してくれています。必見。

スタジオでのトークが中心ですが、スタジオ照明やレイアウトも秀逸で、センスの良さが光ります。

 

Matti Haapoja

Peter McKinnonの動画にちょくちょく出てくる方がこの方です。

基本的にはPeterと同じくTips系が多いですが、Peter同様親しめる話し口などで見ていて勉強になります。

今回紹介している、GoPro動画をCINEMATICに編集する解説動画は必見です。

 

Brandon Li

アジア系動画クリエイター。YouTubeよりもVimeoの方が活動は多いそうですが、映像制作TipsはYouTubeチャンネルに多いです。

ジンバルのテストや、本人がQ&Aを丁寧に答えてくれたり、と見所たっぷりのチャンネルです。

 

特にこの動画で、ジンバルにモノポッドを取り付けた撮影方法を教えてくれていますが、その撮影方法がどのような映像になるのかなど、カメラアングルの勉強になります。

英語も分かりやすい発音なので、英語が苦手な方でも聞き取りやすいと思います。

 

動画っ校by那須裕介

絶対にこれから人気が爆発する動画制作チャンネル運営の那須裕介さんです。

日本人離れしたAロール、スタジオセットでのトークシーンは全てのYouTuber、および映像制作を志す人、必見です。

映像テクニックTipsもとても分かりやすく説明してくださっており、ものすごく勉強になります。

分かりやすく、真似しやすい。何よりも、視聴者目線で教えてくれる姿勢には感動すらおぼえます。

映像制作をはじめるなら、まず見てもらいたいチャンネルです。

 

Yusuke Okawa

タレント事務所にも所属されている日本人クリエイター。日本版Sam Kolderのようなセンスの良さです。

ご本人もカッコいいですし、作成される映像もカッコいい。

少し簡潔ではありますが、Tips系動画も数多く作成してくれているので、見て勉強すると少しでもクオリティの高い映像を制作できるようになるかもしれません。

 

まとめ

今回いくつかのYouTubeチャンネルをご紹介させてもらいましたが、どれもクオリティが高く、また、色々なものを学べます。

更新頻度の高い動画チャンネルもありますし、過去動画ストックが膨大なチャンネルもあります。

どれもじっくり目を通して欲しいYouTubeチャンネルの紹介でした。

ちなみにこれが私が初めてミラーレス機で撮った動画です。シャッタースピードの概念などがイマイチ分からないままですので、コマ送りのような動画になっていますが

失敗例としてでも見ていただけると幸いです。

 

それでは、また。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-カメラ

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.