ライフ

まだ使ってないの?愛してやまないSonicareを一家に一台勧める5つの理由

投稿日:

毎日使うものは少しでも便利なものを利用して日々の負担を減らす。

これが我が家の買い物ルールですが、長らく導入を逡巡していたもののひとつが電動歯ブラシでした。

だって高いもの。

安いものなら1本100円ほどで買える、もしくはホテルに泊まれば無料で手に入る歯ブラシですので、万を越える値段の電動歯ブラシはそれだけの価値があるものか、計りかねるまま購入を見送っていた時期がありました。

意を決して購入した結果、こんなに良いものをどうして皆は使わないんだろう、といまでは完全に虜になっております。

1台あれば家族で使い回しもできますし(ブラシ部分は交換可能)、購入から3年、いまだに故障知らず。

ぜひとも皆さんにもこの素晴らしさをお伝えしたく、記事にしました。

 

Sonicareの仕様

モード クリーン 基本のブラッシングモード
ホワイトプラス ステインを落とし磨き上げる
ディープクリーンプラス 心地よい振動で歯垢をしっかり除去
ガムヘルス 歯垢を落とし、歯ぐきにやさしい刺激を
舌磨き きれいな息が長続き
3段階の強さ設定
内容 ハンドル
ブラシヘッド
ブラシヘッドホルダー
充電器用グラス・充電器台
USB 充電トラベルケース 1 個
仕様 電源方式 充電式
電池の種類 リチウムイオン充電池
使用時間 約 2 週間*7
電源 対応電圧 100-240V(海外電圧対応可能)

※モデルによって変わります。

一家に一台勧める理由

家族4人いるとして、Sonicareは4台買い揃える必要はありません。ボディは1台で十分です。

1台買ったあとはヘッド部のみを家族分揃えてあげましょう。これだけで今日から家族全員で使えます。

ここでは、一家に一台Sonicareを導入することをおすすめする理由をまとめてみました。

 

 

ヘッドを変えるコトで皆で使える

冒頭でも書きましたが、電動歯ブラシの多くはヘッド部(ブラシ部分)を交換するコトでボディ1つで家族で使い回しができます。

我が家では長男が小学1年になってからSonicareを使い始めました。

それまでは怖いということもありなかなか使ってくれませんでしたが、手磨きよりも痛くないことが分かると、それ以降はずっとSonicareを使ってくれます。

長女(園児)はまだ怖いようで、手磨き派です。

ヘッドの大きさの違いはこのような感じ。

子供の口に合わせてブラシ部分は小さく、使い勝手もいいです。

 

虫歯がなくなる

Sonicareを使い始めてから、家族誰も虫歯がなくなりました。

それまでの手磨きだと、特に私が虫歯になることが多かった(歯磨きが苦手だった)のですが、Sonicareに変えてからは歯医者さんにもよく磨けていますね、と褒められるほど。

Sonicareで磨いたあとは、キュッキュッとした歯ざわりになり、磨いたあとの充実感も手磨きでは味わないほど。

 

子供も嫌がらない

子供が歯磨きをいやがる理由のひとつに、磨く力が強くて痛いから、ということがあります。

大人が良かれと思って磨いた力が子供にとっては痛く、それが負担になってしまうんですね。

 

Sonicareは基本、歯に当てるだけですので、子供が痛がることもありません。

親も、1本1本の歯に対して神経質に磨く必要もなく、色々な角度で当ててあげるだけで手磨きよりも綺麗に磨けるのですから、お互いにとって良いことしかありません。

 

歯が白くなる

SonicareにはWhiteモードという歯を白くするモードがありますが、

その機能を使用しなくても毎日使用するだけで手磨きよりもステイン汚れをはじめ、日常生活でついてしまう汚れはある程度除去してくれます。

これも手磨き以上の効果が得られますので、副次効果としても嬉しい効果です。

 

実はコスパがいい

Sonicareは最新モデルだと3万円ほどとかなり高価ですが、前の型がAmazonなどには多く残っており、約半額ほどと大変お買い得です。

前のモデルとはいえ、基本的な性能はほとんど一緒となれば、そちらを買ったほうが絶対にお得です。

我が家でも購入当時に型落ちだったSonicareを選んだのですが、3年経った今でも故障知らずです。

ヘッド部は3ヶ月での交換を推奨していますので、定期的な購入が必要ですが、このあたりの経済的負担をもってしてもこの歯磨き効果、虫歯予防効果、毎日の労力を考えると大変お得だと思えます。

迷ってるなら買って損なし。手放せなくなります

モデルによってはかなり安くお求めいただけるのも、販売実績があるからこそ。
旧型モデルでも手磨きの何倍も効果を実感できますので、気になっている方はぜひお求めになってみることをお勧めします。

それでは、また。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KWN

///サラリーマンブロガー///『思考のシンプルはモノのシンプルから』///なるべくミニマルな生活をしたいと思いつつまだまだ物欲に溺れ中///映像作成独学勉強中

-ライフ

Copyright© KNOT-KNOT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.